2021年 04月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
今日
2021年 05月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
 

トップ > 鞄・ポーチ > 石田家中リュックサック

石田家中リュックサック

朱漆塗桶側二枚胴【合印/吉兆文字】を復元したら……というコンセプトで、それが印刷されたリュックサックです。●朱漆塗桶側二枚胴は歴史研究家の伊澤昭二さんのコレクションで、特別に許諾をいただき作成しました。●ナイロン製の簡易的なリュックサック、リュックとしてはかなり大型になります。

※巾着型簡易リュックの性質上、紐(肩紐)が長くなっております。御使用の際は調節して下さい。

原材料:ポリエステル・綿
サイズ:高さ 約69cm*幅 約42cm


朱漆塗桶側二枚胴【合印/吉兆文字】文章:伊澤昭二
●胴と草摺は鉄製で、前側横板七枚、後側八枚を鋲留にしている。草摺の七間四股を紺糸で、揺ぎの糸を茶糸、素懸威にする。●胴・草摺とも朱漆塗とした桶側二枚胴形式。胴の前後に吉兆文字の「大一大万大吉」を黒漆塗で描いた石田三成家中のもの。●胴の大きさはMサイズクラスと思われる。「大一大万大吉」の六字紋は、一を「かつ(勝)」と読み、万「よろず」を万年の繁栄、吉を縁起の良い文字として、さらにこれに「大」を冠して幸運を願う紋である。●古くは鎌倉時代武将の石田為久(木曽義仲を射落とした人物として知られ)が用いていた。石田三成が同じ石田姓を名乗ることから、あやかってこの文字を用いたという。●この胴は関ヶ原合戦の折、石田三成家中の着用した足軽胴であると謂われている。
製造元 : 小川新聞店
価格 : 660円(税抜き600円)
ポイント : 6
数量
 

かごに入れる
すぐに購入
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
  • 歴史研究家である伊澤昭二さんのコレクションの中から、朱漆塗桶側二枚胴【合印/吉兆文字】をモチーフにしてあります。この写真の甲冑は関ヶ原合戦の折、石田三成家中の着用した足軽胴であるといわれています。

  • 簡易的なリュックとしてはかなり大型の高さ 約69cm*幅 約42cmです。

この商品についてのレビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く
入力された顧客評価がありません